現在UL1054で認証されているスイッチをUL61058-1へ移行するにあたっては、再評価が必要です。

ふたつの規格とも同等の安全レベル(感電、火災の危険)を求めています。但し、その安全レベルを達成する為の方法は異なります。どちらかの規格で評価された試験結果によって、もう1つの規格の評価を代表することはできません。

 

 

はい、Dマーク(Demko)認証はUL/cUL認証と合わせて行うことができます。ご依頼時に、ご希望をお知らせ下さい。

はい、ULCBスキームに基づき、CBレポートの受け入れを行います。しかしながら、UL61058-1には北米の国家差異がありますので、CBレポートには北米の国家差異を含む、もしくは試験をしなおすことが必要です。

はい、 CBレポートだけでなく、UL, cUL, D, CB, ENECも同時に評価可能です。

UL規格は comm-2000.com より購入可能です。 カスタマーサービス にお問い合わせ下さい。