(WirelessHD、WiGig、ミリ波レーダー など)

 .
 測定周波数上限拡大! 240 GHzまで対応が可能です。
 .
 UL Japanでは無線機の高周波化に伴い、240 GHzまで対応可能な測定器を取り揃えております。
 また、経験豊富な測定者による正確な測定をいたします。
 .
 

5_240ghz_1-jpn 5_240ghz_2-jpn

 .

無線規格の一つである、「WirelessHD」( *¹) を用いた60GHz帯伝送や、レーダにより前方車両との距離と相対速度を測定し、適切な加減速制御を行いながら追随走行するため、高度な検出精度が要求される自動車衝突防止レーダーシステムに使用されている帯域は、77 GHz帯が中心であり、それら高周波のスプリアス検出は各国で要求されています。
.
このような高周波になると、光の性質に近く直進性が強く、短距離の広帯域情報通信に適しています。5 GHz帯などと異なり、他との干渉が非常に少なく、また数GHzにおよぶ帯域幅を確保できるため、利用価値が高い周波数帯となります。
 .
 これら周波数に対して、正しい検波を行うには細心の注意が必要です。 
 .
 *¹ : HDMI信号を無線伝送するための技術。ミリ波と呼ばれる60GHzの周波数帯域を用いる。 Blu-ray Discのような高精彩映像でも、非圧縮のまま高品質でワイヤレス伝送が可能。 映像の他、音声/制御信号などのデータが伝送可能。同様に非圧縮の高品位映像をやりとりする技術としてはWHDI(5GHz帯)がある。 
.
 要求周波数範囲
 

日本 110 GHzまたは中心周波数の2倍のうちいずれか高い方まで
欧州 100 GHz (EN 301 091-1)、132 GHz (EN 302 567)
米国 231 GHz (FCC Part 15, 15.253)、200 GHz (FCC Part 15, 15.255)