January 19, 2016 - January 26, 2016 | オンライン

<本セミナーは終了致しました>

弊社では1月19日(火)と26日(火)に、ワイヤ&ケーブルに関する下記セミナーを開催いたします。 各回とも日本語で開催し、受講は無料です。オンラインセミナー(Webinar)の形式を用いるため、弊社にお越しいただくことなくご参加いただけます。
多くのお客様のご参加をお待ちしております。

【1】 4K機器用ケーブルの新しい検証サービス 1/19 (火)
【2】 ハロゲンフリー電線の新しい評価サービス  1/26 (火)


 【1】 4K機器用ケーブルの新しい検証サービス

テクノロジーの進化に伴い、4Kに関連した機器が世界中で幅広く受け入れられてきており、その性能をスペック通りに発揮するためにはケーブルの品質と信頼性がより重要となってきています。
本セミナーでは、4K用機器で使用される電線の性能を検証するULの新サービスについて、ご説明させていただきます。

該当製品: 4K用機器間の接続をする電線

主に下記の内容を予定しております。

  • Introduction
  • サービス概要
  • 要求・スキーム 関連情報
  • まとめ

4K用機器を製造・販売されているお客様およびブランドオーナー様、4K機器用ケーブルの製造・販売をされているお客様に適したセミナーです。

開催日: 2016年01月19日 (火)
時間  : 10:30~11:15 (日本時間)
講師  :
株式会社UL Japan  コマーシャル&インダストリアル事業部
エンジニアリング部 マテリアルセクター
ワイヤ&ケーブル グループ
山下 彬奈

※ このセミナーは終了いたしました。


【2】 ハロゲンフリー電線の新しい評価サービス

昨今、米国では、燃えないだけではなく発煙量が少なくハロゲン含有量も低いケーブルに対する関心が高まっており、低発煙ハロゲンフリーケーブルが大きな注目を集めています。 ULではこのようなニーズにお応えし、新しいサービスを開始しました。

本セミナーでは、HF(ハロゲンフリー)材料とLSHF(低発煙ハロゲンフリー)電線の評価・認証サービスについて、ご説明させていただきます。

該当製品: すべてのUL認証カテゴリー・タイプの電線
該当Category Control Number (CCN): 電線 – 全てのカテゴリー&コンパウンド – AATJ2,QMTT2等の電線用コンパウンドカテゴリー

主に下記の内容を予定しております。

  • Introduction
  • サービス開始の経緯、概要
  • 要求・スキームの概要
  • 適用規格、適用範囲、要求事項、評価試験、登録例、参考情報
  • まとめ

既存の電線認証をお持ちのお客様、電線メーカーにコンパウンド等材料を供給されている材料メーカーのお客様に適したセミナーです。
また環境にやさしい電線を使用されるセットメーカー様、最終製品のメーカー様につきましても参考にしていただける内容になっております。

開催日: 2016年1月26日(火)
時間  : 10:30~11:15(日本時間)
講師  :
株式会社UL Japan  コマーシャル&インダストリアル事業部
エンジニアリング部 マテリアルセクター
ワイヤ&ケーブル グループ
伊藤 建護

※ このセミナーは終了いたしました。

 

■セミナーお申込みに関するご注意■ ——————————————————————————————-

  • 本セミナーの受講受付けは、法人ドメインのメールでのお申込みに限らせていただきます。 また、お申込み受付けのご連絡に時間がかかる場合があることをご了承ください。
  • 本セミナーは一般的な情報を提供するもので、法的並びに専門的助言を与えることを意図したものではありません。

———————————————————————————————————————————–

【お問合せ先】

コマーシャル&インダストリアル事業部 Webinar担当係
E-mail:  TKY.WebinarAdminSafetyJP@ul.com