7月 2, 2020 - 7月 2, 2020 | オンライン

5月に開催した機能回復ロボットの概要セミナーに続きまして、手術用ロボットの個別規格に関する概要セミナーを開催させていただきます。

ロボット技術を用いた医療機器の個別規格は、利用目的、機能、形態が一様ではないために長期に渡り議論が続いておりました。しかし昨今の手術用ロボットや機能回復ロボットの普及 に伴い、対象を絞っての規格策定が進み、2019年7月、手術用ロボットに関する個別規格: IEC 80601-2-77:2019、機能回復(リハビリ、評価、補償、緩和)ロボットに関する個別規格: IEC 80601-2-78: 2019が発行されました。

本ウェビナーでは、『手術用ロボットに関する個別規格:IEC 80601-2-77』の概要について、弊社製品安全規格エンジニアより説明いたします。

 

主な内容:

・当該規格の適用範囲
・特有の用語・定義
・要求事項概要:手術用ロボットの仕様に特化したリスクマネジメントの採用等

※上記内容は、主催者の都合により一部変更となる場合がございます。限られた時間ではございますが、この機会をお役立ていただければ幸いです。

——————————————————————————————————

日程:2020年7月2日(木) 午後2:00-2:45(日本時間)
講師:株式会社 UL Japan ライフ&ヘルス部
オペレーショングループ 製品安全チーム エンジニア: 折戸 順

——————————————————————————————————

※時間の制約上、質疑応答はございません。本オンラインセミナー(ウェビナー)の内容に関しての質問は、ウェビナー終了後にご案内させていただくメールアドレスにて承ります。ご質問内容により有償の回答とさせていただく場合は事前にご連絡をさせていただきます。

・本セミナーは参加費無料です。
・オンラインセミナー(Webinar)形式で開催致しますので、インターネットが利用可能な環境で あれば、どこからでもご参加いただけます。
・本セミナーは一般的な情報を提供するもので、法的並びに専門的助言を与えることを意図したものではありません。
・お申込みは、企業アドレスのみに限定させていただきます。個人のメールアドレス及び同業者様によるお申込みはお断りさせて頂く場合がございますので、予めご了承ください。
・お申込み後、“CONFIRMATION”と件名に記されたメールが登録いただいたメールアドレスに届きますので、保管下さい。当日はそのメール内に案内されたURLよりセミナーにアクセス下さい。
・尚、“CONFIRMATION”メールが数時間経っても届かない場合は、迷惑メールに入っている可能性がありますので、お手数ですがご確認頂けますようお願いします。
・迷惑メールのフォルダにて確認ができない場合や、登録に関してご不明な点がございましたら、Medical.JP@ul.com までお問合せください。