[EU]  UK Ofcom 2.4 GHz免許不要局開放計画

UK Ofcomは、スマートフォンなどの利用拡大のため、国防省が使用している40MHzバンド(2,350 MHz~2,390 MHz)を免許不要局として開放する計画を2013年5月9日に公表しています。これは2014年までに行われる予定であり、今後UKの動きは欧州全体に影響を与える可能性があります。
⇒ 詳細は こちら  をご参照ください。(言語:英語)

[FCC]  FCC 13-53(BPL)13-15(実験局)13-59(15.237)13-19(手順更新)KDB

2013年4月17日に電灯線を用いるアクセスBPLに対して、アマチュア無線協会が提出した提案を否決しています。
⇒ 詳細は こちら  をご参照ください。(言語:英語)

2013年2月19日付 Webニュース でお知らせした実験局に対する要求 FCC 13-15(2013年1月31日)が2013年4月29日に官報に掲載され、いくつかの猶予を除き2013年5月29日有効となります。これにより、暗室以外で行われる試験室などへの5年毎の登録が要求されます。
⇒ 詳細は こちら  をご参照ください。(言語:英語)
* 参考

2013年5月2日に、Part 15 Subpart C §15.237の聴覚補助装置に対する要求事項を同時通訳などのアプリケーションにも開放する提案が発行されています。これは、もともと2011年9月16日にFCC 11-133として発行されたものであり、当時の提案から、現在のスプリアスの緩和『1500 μV/m at 3 meters』を削除し移行期間を記載したものとなっています。
⇒ 詳細は こちら  をご参照ください。(言語:英語)
* 参考

また、2013年5月3日には、2013年3月12日付 Webニュース でお知らせした、FCC 13-19(2013年2月15日)が、2013年6月17日までコメント募集されています。これには、ANSI C63.4:2009、C63.10:2009の採用、すべてのTCB除外を削除、申請を行うすべての試験所にISO/IEC 17025認定を要求するなど重要な改定が含まれています。
⇒ 詳細は こちら  をご参照ください。(言語:英語)
* 参考

以下KDBが発行/更新されています。(言語:英語)

2013年4月23日
513465】  Multi Listing; Multiple FCC IDs (新規)
[概要] 同一製品に対して異なるIDを持つ方法について

310200】  How do I change my address on my Grant of Application?  (更新)
[概要] 認可取得のための住所変更の方法について (質問アドレスの明確化)

204515】  Grantee Codes; Transfer of Control; Part 2   (更新)
[概要] グランティコードとは、またその取得方法について(質問アドレスの明確化)

905462】  Section 15.401 UNII / DFS Test Procedures  (更新)
[概要] DFS能力を持つ機器の試験方法について(IEEE 802.11ac対応)

848637】  Section 15E, 15.407, FCC 06-96, UNII Client Device without Radar Detection, DFS Test Report,   (更新)
[概要] レーダー検出能力のないDFSデバイスが認可されるための追加必要情報(IEEE 802.11ac対応)

[日本] 特定ラジオマイクおよびデジタル特定ラジオマイク、遠隔操作

特定ラジオマイクおよびデジタル特定ラジオマイクの陸上移動局は、放送番組制作やコンサート、舞台劇場、イベント会場等で用いられる高音質型のラジオマイクの無線局として、広く利用されています。2011年9月に改定された周波数再編アクションプランにおける、700/900MHz帯の周波数割当の基本方針を踏まえ、700MHz帯において携帯無線通信用周波数を確保できるよう、特定ラジオマイクおよびデジタル特定ラジオマイクの陸上移動局は、地上テレビジョン放送用周波数のホワイトスペース帯または1.2GHz帯へ移行する改正が2012年7月25日に施行されました。当該改正を踏まえ、2013年5月23日まで意見募集が行われています。
⇒ 詳細は こちら  をご参照ください。

2013年3月18日から意見募集が行われていた、遠隔操作に関する、電気用品の技術上の基準を定める省令の解釈の一部改正について、2013年5月10日付けで有効となりました。
⇒ 詳細は こちら  をご参照ください。

[シンガポール]  TS SRD、機器登録ガイド、Q&A更新

シンガポールIDAは、ショートレンジデバイスの要求事項である、 TS SRDを2013年4月25日に更新しています。内容的にはLF帯リミット修正、ETSI参照規格追加等です。また、機器登録ガイド、Q&A、DoCなどを、権利委譲、DVB-T2追加、SRD規格更新対応、ファミリーモデル費用削減等を含め同日更新しています。
詳細はウェブサイトをご参照下さい。(言語:英語)


[AS/NZ]
  SRD StandardLIPD Class Lisence

2013年4月8日付 Webニュース でお知らせした、2013年4月24日にAS/NZS 4268の規格更新に伴う、Radiocommunications (Short Range Devices) Standard 2004 Incorporated Amendments (2013年3月6日) 分修正を組込み、正式に発行されています。
⇒ 詳細は こちら  をご参照ください。(言語:英語)

2013年4月23日付 Webニュース でお知らせした、Radiocommunications (Low Interference Potential Devices) Class Licence Variation Notice 2013 (No. 1)(2013年4月5日) がコメント募集の結果に基づき、2013年5月1日に正式に発行されています。
⇒ 詳細は こちら  をご参照ください。(言語:英語)
* 参考

[南アフリカ]  ラベリング&型式認証規則更新

2013年4月8日付 Webニュース でお知らせした、LABELLING & TYPE APPROVAL REGULATIONSに関して、2013年4月18日(文書内日付4月16日)に再度ドラフトとして発行されています。これに基づきコメント募集が行われ更新される予定です。型式承認の枠組みを合理化し、費用体系が見直されています。
⇒ 詳細は こちら  をご参照ください。(言語:英語)

[規格情報]   ERC 70-03Draft EN 302 571EN 61326-2-6

ERC 70-03

ERC 70-03 が 2013年4月17日に更新されています。

[変更箇所]
P32-39 Appendix 1 Implementation Status 更新 ロシア等の変更
P49-84 Appendix 3 National restrictions更新

Draft  EN 302 571  V1.2.0 (2013-5)
Intelligent Transport Systems(ITS): Radiocommunications equipment operating in the 5,855 MHz to 5,925 MHz frequency band

EN 61326-2-6: 2013
Electrical equipment for measurement, control and laboratory use – EMC requirements – Part 2-6: Particular requirements – In vitro diagnostic (IVD) medical equipment
(計測,制御および試験所用の電気機器 –  EMC要求事項  Part2-6:特定要求事項 – インビトロ診断(IVD)医療用機器)