[米国] KDB更新

以下UNII機器に対して「レーダーパルス5は30回のトライアルに対して中心周波数をOBWの80%内からランダムに選択すると」いう改訂を盛り込んだ修正が公表されています。

2015年5月15日

905462】Section 15.401 UNII / DFS Test Procedures

※    注記4追加(レーダーパルス5は30回のトライアルに対して中心周波数をOBWの80%内からランダムに選択する)及びTable 11修正


[日本] 無線設備試買テスト、電気自動車用ワイヤレス伝送システム、人体側頭部に近接して使用する比吸収率

2015年5月15日に総務省は平成26年度無線設備試買テストの結果概要を公表しています。
本年度も継続して監視が行われる予定です。
⇒ 詳細はこちらをご参照ください。

2015年5月26日に電気自動車用ワイヤレス電力伝送システムに関する技術基準条件に関して、2015年6月25日まで意見募集が行われることが公表されています。周波数帯を79 kHz~90 kHzとし、CISPR 11 Group 2の規格値を適用します。また合わせて改正された電磁波防護指針にも対応をしています。
⇒ 詳細はこちらをご参照ください。

また同日、人体側頭部に近接して使用する無線機器等に対する比吸収率の測定方法に関して、2015年6月25日まで意見募集が行われることが公表されています。これは先に規定された側頭部以外の規定に合わせて、周波数上限を3 GHzから6 GHzに改正し、複数周波数帯同時発射、高速SAR、測定数削減手順を加えるものです。今回の高速SARには測定設備そのものの変更を伴う改正は含まれていません。
⇒ 詳細はこちらをご参照ください。

 


[規格]  ERC 70-03ECC/RECECC ReportEN 62368-1EN 301 489-4EN 301 489-6

2015年5月4日

ERC 70-03  (4月版 発行 5月11日) ERC 70-03

主な変更Annex 変更内容
Annex 1G2: 870-876 MHzAnnex 1G2.1: 870.000-875.800 MHzAnnex 1G3: 915-921 MHz
Annex 1G3.1: 915.2-920.8 MHz
リヒテンシュタイン、スイス P⇒L
Annex 1N1: 6.0-8.5 GHz 多くの国でN⇒P
Annex 2D1: 2483.5-2500 MHzAnnex 2D2: 2483.5-2500 MH オーストリア N⇒Lリヒテンシュタイン、スイス P⇒Y
Annex 5A: 870.000-875.800 MHz スイス P⇒L
Annex 9F1:14.410-13.553 / 13.567-13.710 MHz / 13.110-13.410 / 13.710-14.010 / 12.660-13.110 MHz / 14.010-14.460 / 11.810-12.660 / 14.460-15.310 MHz スイス N⇒Y
Annex 9F3: 13.460-13.553 / 13.567-13.660 MHz / 13.360-13.460 / 13.660-13.760 / 13.110-13.360 MHz / 13.760-14.010 / 12.660-13.110 / 14.010-14.460 MHz スイス N⇒Y
Annex 10C1: 916.1-916.5 MHz / 917.3-917.7 MHz リヒテンシュタインP⇒Yスイス P⇒L
Annex 11C: 915-921 MHz リヒテンシュタイン、スイス P⇒L

N: Not implemented, Y: Implemented, L: Limited implementation, P: Planned

●  その他アンドラ、ベラルーシ情報追加等Appendix 1、3変更

 

2015年5月8日
ECC/REC/(14)06
Implementation of P-P FS narrow channels in the guard bands and center gaps of 5925 to 6425 MHz and 6425 to 7125 MHz.

ECC/REC/(14)01
Radio frequency channel arrangements for FS systems operating in the band 92-95 GHz

ERC/REC 12-11
Channel arrangements for 48.5 to 50.2 GHz / 51.5 to 52.6 GHz

ERC/REC 14-01
Channel arrangement of FS for 5925-6425 MHz

ECC Report 235
Assessment of the feasibility of the possible joint use, on a long term basis, of the adjacent bands 5925-6425/6425-7125 MHz for P-P links

ECC Report 234
Analyses of LDC UWB mitigation techniques with respect to incumbent radiocommunication services within the band 3.1 to 3.4 GHz

ECC Report 233
Adjacent band compatibility studies for aeronautical CGC systems operating in the bands 1980-2010/2170-2200 MHz

ECC Report 232
Compatibility between FSS uncoordinated receive Earth Stations and the FS in the band 17.7-19.7 GHz

2015年5月15日
EN 62368-1:2014/AC:2015
Audio/video, information and communication technology equipment – Part 1: Safety requirements
※AC:2015  Corrigendum(正誤表)が2015年に発行されている規格

2015年5月18日
ECC Report 240
Compatibility studies regarding Broadband PPDR and other radio applications in 410-430 and 450-470 MHz and adjacent bands

ECC Report 239
Compatibility and sharing studies for BB PPDR systems operating in the 700 MHz range

2015年5月19日
ETSI EN 301 489-4 V2.2.1 (2015-05)
Part 4: Specific conditions for fixed radio links and ancillary equipment

ETSI EN 301 489-6 V1.4.1(2015-05) 
Part 6: Specific conditions for Digital Enhanced Cordless Telecommunications (DECT) equipment