ESG(環境、社会、企業統治)関連の対策を検討される際に役立つ知識や情報を提供します。
香港の道路鳥観図
投資家、政府、従業員、消費者などの幅広いステークホルダーは、企業の活動や環境、人々、そして、それらを取り巻く世界への影響について、真の可視化を求めています。

環境、人々、コミュニティーへの影響と貢献にかかわる機会や投資リスクを、より適切に評価するための重要な手段として、企業がESG・サステナビリティ関連の非財務情報を発信することが不可欠になっています。

さまざまな要素が複雑に絡むこの社会的課題にどう取り組むべきか、適切なアプローチを考える上で役立つ知識や情報を提供するebook「サステナビリティ・レポーティング入門:ステークホルダーの多様なニーズに対応」、および「ESGパフォーマンス:パフォーマンスを実証し、事業価値を訴求」 を公開しました。

お客様のESG/サステナビリティの取り組みに、ぜひご活用ください。

「サステナビリティ・レポーティング入門:ステークホルダーの多様なニーズに対応」 「ESGパフォーマンス:パフォーマンスを実証し、事業価値を訴求」
サステナビリティ報告において、多岐にわたり効率よく対応するために、以下の項目の情報を提供します。

  • 環境、社会、ガバナンス (ESG)報告
  • カーボン・レポーティング
  • 環境、健康、安全 (EHS)報告
  • サプライチェーン・マネジメント
情報の可視化およびステークホルダーの信頼獲得に重要な以下の項目を考察します。

  • 建材や家具などの製造業者にも特化したESG報告の重要な要素の解明
  • 成功へ導くESG報告の要件についての検討
  • ESG戦略に対し、製品の積極的なサステナビリティ管理がどのように貢献するかを理解
  • プロセス促進におけるリソースの特定