ULはフォローアップサービス(工場検査)を実施して、製造者(Manufacturer)が規格の要求事項を満たした製品を引き続き製造しているかどうかの確認・検証を行っています。ULの検査員が定期的に製造工場を訪問し、検査や試験を実施しています。

検査員はUL認証製品の製造施設を定期的に訪問し、UL認証を取得した時と同じ方法で製品を製造し続けているかどうか検査します。

工場検査は、定期的ではありますが予告なしに実施されます。一般的に検査員は、その時製造している製品の中からランダムに抜き取ったサンプルを、申請時に製品を評価したエンジニアが作成した、製品の詳細を示す検査手順書(フォローアップサービス・プロシージャ)と照らし合わせて検査します。

容易に識別できない材料が製品に含まれている場合などは、サンプルテストを実施することもあります。

ULサービス契約書とは、お客様とULの間でサービス開始時に取り交わす契約書で、ULマークが使用できる条件が記載されています。製造者(Manufacturer)が認証取得後も製品の品質管理を怠ることなく、継続的に規格の要求事項を満たした製品を製造する義務についてや、フォローアップサービス(工場検査)が実施される条件も記されています。

例えば、UL認証製品やその部品が加工、組立てあるいは保管されている施設のいかなる場所へもULスタッフは予告なしにいつでも速やかに立ち入ることができるということなど、製造者(Manufacturer)の同意が不可欠です。

初回ロット検査(IPI)は登録工場において、登録製品がULエンジニアの評価にて認証を受けたとおりに、またUL要求事項に適合して生産されていることを、初回生産品出荷前に確認するプログラムです。ULおよびUL Canadaで北米・カナダ向け認証マークの検査を現在受けていない工場が製造工場として登録される場合、あるいは、評価担当エンジニアが特別に必要と判断した場合に要求されます。IPIが要求された工場では、IPIを実施し、その工場で生産された製品が所定の要求事項を満たしていることを確認のうえ完了するまでは、ULマーク・表示を施した製品を出荷することは認められません。
IPIに代えて、プレプロダクション訪問(Pre-Production Visit)を実施した場合には、初回生産時に製造工場が自主検査を行い、記録を残すことで出荷が可能となります。

関連記事: 初回ロット検査(IPI)要求基準の変更と、プレプロダクション訪問(PPV)の導入のご案内

IPIの検査内容は、通常のフォローアップサービスの検査と同じですが、通常の検査訪問が原則予告無しであることに対し、IPIは事前に製造工場と担当のUL検査センターとで日程を調整のうえで実施いたします。

IPI実施の際も通常の検査料金が適用されます。IPIに起因するその他費用(例:バリエーションノーティス費)についても、通常のフォローアップ検査の場合と同様の扱いとなります。

IPI完了前でもUL検査員は通常のフォローアップサービスとして予告なしの訪問検査を定期的に行います。その際、IPIの対象となっている製品が製造されていないことを確認いたします。

物流管理または財務上の理由のために、製造者(Manufacturer)は、製造工程を2つ以上の工場に振り分けて、製品の生産を行うことがあります。例えば、家電製品のメーカーが、部品のプリント配線版への実装を1つの工場で集中生産し、実装されたプリント配線板を各地の工場に搬送して、最終製品に組み入れるケースです。

このように製造者(Manufacturer)が製造工程を分割している場合、フォローアップ工場検査も同様に分割して実施する必要があります。最終製品の詳細や検査手順が記載されているフォローアップサービス・プロシージャは、各工場で保管されます。プロシージャには、製造工程のどの部分がどの場所で行われ、各製造施設で何を検査するべきかという工場検査員に対する指示が記載されています。また、サブアセンブリー(部分組立て品)の識別マークについても記されています。このマークにより、別の工場にいる別の検査員が重複してサブアセンブリーの検査を行うことが避けられます。

問題点を発見されましたら、お手数ですが、カスタマーサービスまでご連絡くださるようお願い申し上げます。

製品がULの要求事項に適合していないと判明した場合、ULは製造者(Manufacturer)に、製品の手直しをするか、または、製品からULマークを取り除くことを求めます。

工場検査で製品や製品工程がプロシージャの記載事項と相違する場合や、試験方法・条件が要求と異なる場合などに検査員がその相違点を記録する文書(通知)のことです。

バリエーション・ノーティスと是正処置に関する要求事項の詳細は、UL.com掲載のUL Variation Notice and Corrective Action Requirements :UL / C-UL / ULC Mark Follow-up Services にてご確認ください。
⇒ UL.com - Variation Notice and Corrective Action Requirements (原文:英語)
⇒  参考和訳


次のような場合に、バリエーション・ノーティス(
VN)は発行されます。

    • プロシージャと製品の構造が異なる場合
    • 試験方法・試験条件が異なる場合
    • 試験結果が不適合の場合
    • 試験器具の性能・試験器具の校正に問題があった場合
    • プロシージャの管理に問題があった場合
    • ULマークの使用の間違い
    • プロシージャの誤記
    • その他


バリエーション・ノーティスの記載事項

ULファイル番号・検査日・登録工場名などの基本情報とともに、次のようなことが書かれています。

    • VN指摘事項の具体的な内容
    • 対象となる製品
    • 製品の出荷の可否処置

 バリエーション・ノーティス参考和訳について


バリエーション・ノーティスが発行されたら・・・

工場検査でバリエーション・ノーティスが発行された場合、バリエーション・ノーティスに記載された各アイテムに毎に必要なアクションを実施頂く必要があります。取り得るアクションは指摘事項の内容により様々ですので詳しくはVN発行時、担当検査員にご確認ください。なお、バリエーション・ノーティス(VN)に記載された指摘事項解決のためにコメントをお送りいただく際にはVNの番号を必ずお書き添えください。


バリエーション・ノーティス費(
VN費)

バリエーション・ノーティス発行と、その後の是正措置・対応状況確認等の付随作業に対する費用として、バリエーション・ノーティス費が発生します。詳しくはVN発行時、担当検査員にご確認ください。

  

 

1回のフォローアップ工場検査で米国向け製品とカナダ向け製品の検査を同時に行いますので、通常の検査時間を著しく超えない限り、追加料金がかかることはありません。

UL規格に基づいて評価された製品の構造を記述した書類で、検査時の手順書を兼ねています。プロシージャの構成、管理方法などの一般的な情報については、FUStart資料 にてご確認ください。

UL calibration requirements:  equipment used for UL/C-UL/ULC Mark Follow-Up Services  (英語原文)
UL の校正要求事項」 (参考和訳)

記載された状態が、校正事業者が調整を行った結果ではなく、機器を受領した段階での状態であることが明確になるような記述が必要です。(受領時の状態が、その機器を用いてそれまでに行われた検査・計測・試験結果の信憑性に関わるためです。)この要求を満足するために、「受領時の状態で公差範囲内(または範囲外、破損)」と記す、無調整での測定値であることを明記する、などの方法を推奨します。

UL calibration requirements:  equipment used for UL/C-UL/ULC Mark Follow-Up Services  (英語原文)
UL の校正要求事項」 (参考和訳)

国家標準や国際標準へのトレーサビリティを述べるだけでは証明にはなりません。校正証明書や関連文書上に、校正事業者が使用した標準器が国家標準までトレーサブルである証拠が提示される必要があります 。詳しくは「UL の校正要求事項」の4ページ、「トレーサビリティ」の項目をご参照ください。

「UL Mark Surveillance Requirements(ULマークの検査に関する要求事項)」は、ULマークのフォローアップサービスプログラムのための一般的な要求事項をとりまとめた文書です。

これまで様々な文書で個別に管理されてきた多数の要求事項の中から、一般的な要求事項を一つの文書にハーモナイズする事でお客様とUL検査員双方の責務を明確にし、容易にアクセスできるようにしたものです。本文書「ULマークの検査に関する要求事項」に定義された一般的な要求事項は、それぞれのフォローアップサービス・プロシージャに定義された同様の要求事項よりも優先します。

詳しくは、下記 「UL Mark Surveillance Requirements(ULマークの検査に関する要求事項)」をご覧ください。

また、カナダ認証(C-UL / ULCマーク認証)製品に対する二言語表示要求の詳細は、「Canadian Certification Requirements for Bilingual Safety, Warning and Caution Markings (カナダ認証製品における二言語での安全表示、警告表示、注意表示に関する要求事項)」をご確認ください。

UL のフィールド・エバリュエーション・サービスでは、設備機器や装置の規格に対する適合を事前に検証し、設置現場における管轄当局の受け入れをサポートします。

サービスの詳細は、下記のパンフレットでご確認いただけます。

⇒ フィールド・エバリュエーションのご案内 (PDF)

ULは、UL最終認証製品に使用される材料や部品に関する最低限の要求事項をULフォローアップサービス・プロシージャーの中で規定しております。
「UL Traceability Requirements(UL トレーサビリティーの要求事項)」は、使用された部品や材料の適合性証明方法に関する要求事項をまとめた文書で、ULの製品認証サービス(UL / C-UL / ULC マーク認証)を受けている全てのお客様に適用されます。

詳しくは、UL.com 掲載の要求事項説明ガイド: UL Traceability Requirements - Materials and components used for UL / C-UL / ULC Mark Follow-up Servicesにてご確認ください。

⇒ UL.com - Traceability Requirements (原文:英語)
参考和訳