REACHAcrossは、化学物質の化学構造類似性を類推し、データベースに登録されている有害性情報より、対象化学物質の有害性を類推するシミュレーションツールです。2017年3月に世界で提供を開始しました。欧州では、化粧品原料の動物実験の禁止など、in silico(シミュレーション)評価の活用範囲が益々拡大しています。

本記事でその概要を紹介いたします。こちらのリンクよりご参照ください。

<PDF> 毒性評価ツール「REACHAcross™」、化学構造の類似性から予測
REACH規制に対応、動物実験削減に寄与

 

REACHAcrossの詳細(言語:英語)
https://www.ulreachacross.com/

株式会社加工技術研究会
http://www.ctiweb.co.jp/jp/

【お問合せ】
UL Supply Chain & Sustainability
担当:石原 直樹
E-mail: Naoki.Ishihara@ul.com