ULは、公平性・透明性を厳守した第三者認証機関として、国際規格に準じた試験をもとに、個人用保護具(PPE)規則への適合性評価サービスを提供しています。


COVID-19への対応

医療従事者にとって不可欠な個人用保護具(PPE)をメーカーがいち早く提供できるよう、ULは、以下に示す個人用保護具(PPE)関連のサービスを通して、安全性・信頼性の高い製品の迅速な市場導入をサポートします。

  • N95マスクおよびN95レスピレーター – 外部試験機関と提携し、42 CFR part 84(N95)、および21 CFR 878.4040への適合性(欧州向け製品ではEN 149への適合性)の評価試験の実施。
  • ゴーグルおよびフェイスシールド – 北米向け製品のANSI Z87.1への適合性(欧州向け製品ではEN 166への適合性)の評価試験の実施。
  • アイソレーションガウン – 北米向け製品のANSI/AAMA PB70への適合性評価試験の実施。
  • 医療用手袋 – 外部試験機関と提携して、ASTM D6319への適合性評価試験の実施。


概要

世界各国で活動する消防士や危険物処理班、工業労働者は、日々の訓練に加え、個人用保護具(PPE)を装着することで作業に伴う危険から身を守っています。

米国労働安全衛生局(OSHA)とカナダ労働安全衛生センター、および州や省の労働安全衛生局は、北米における安全な作業環境の確認を義務づける規制を導入しています。これら規制当局は、労働者の安全を確保するために、一定の状況において個人用保護具(PPE)を提供することを義務付けており、特定の製品規格に適合するものでなければならないことを定めています。

火災や落下、化学物質への曝露、その他の物理的危害による怪我のリスクを減らすうえで有効なこうした規制への適合を支援すべく、ULは、個人保護具(PPE)や衣類(防護服、ライフジャケット等)の安全性と性能に関して、業界最高水準の試験・認証サービスを提供しています。

ULは北米(ULマーク)ならびに欧州(CEマーク)市場の両方にサービスを提供することにより、包括的なグローバルソリューションを提供しています。北米で消防・救急隊員が使用する個人用保護具(PPE)は、UL認証を受けることで、NFPA 1500「消防隊の労働安全衛生プログラムに関する規格」への適合性を証明することができます。同規格では消防署に対し、職務中に直面する可能性がある危険から身を守る防護服および保護装置を出動隊員一人ひとりに提供することを義務づけています。欧州市場では、ENおよびISO規格に基づく試験/認証を行っており、個人用保護具規則(PPER)に適合していることを証明する適合証明書を提供しています。

ULは以下の分野におけるファースト・レスポンダーおよび工業従事者用の個人用保護具(PPE)の試験と認証を行っています。

  • チェーンソー用保護服
  • 緊急用洗眼器・シャワー設備
  • 目・顔面用保護装置
  • 落下防止装備
  • 安全靴
  • 手袋
  • 有害物質用保護服
  • ヘルメット
  • 高視認性安全服
  • 防護服
  • 保護用アウターウェア

 

メリット

ULは、個人用保護具(PPE)の製品認証に関するお客様それぞれのニーズや課題に合わせたガイダンスおよびサービスを提供しています。手袋、安全靴、ヘルメット、防護服、保護用アイウェアなど幅広いファースト・レスポンダー用の衣類や防護装備の包括的な試験/認証/評価サービスを行っています。

ULでは、ANSI/NFPA、ASTM、CAN/CSA、CAN/CGSB、ANSI/ISEAならびにEN/ISO規格に準拠した個人用保護具(PPE)の試験を実施しています。こうした規格への準拠には、第三者認証が必須とされています。ULマークは、最高水準の安全性を証明するシンボルとして広く認識されており、個人用保護具(PPE)市場で優位となる差別化を実現します。

 

ULが選ばれる理由

安全性のパイオニアとしてのこれまで培った強みを活かし、生命の安全性に関わる重要な分野において、ULは専門知識の提供と促進に取り組み続けています。今日、ULは北米(ULマーク)並びに欧州(CEマーク)市場の両方にサービスを提供することにより、真のワンソース・ソリューションを提供しています。

ULが最終的に目指すのは、作業従事者が使用している個人用保護具(PPE)が安全性と性能にかかわる国家認定規格に準拠していることで、その作業従事者が安心して実力を最大限に発揮しつつ任務にあたっていただけるようにすることです。