10月 14, 2020 - 11月 30, 2020 | オンライン

ロボット技術を用いた医療機器の個別規格は、利用目的、機能、形態が一様ではないために 長期に渡り議論が続いておりました。しかし昨今の手術用ロボットや機能回復ロボットの普及 に伴い、対象に絞っての規格策定が進み、2019年7月、手術用ロボットに関する個別規格: IEC 80601-2-77: 2019、機能回復(リハビリ、評価、補償、緩和)ロボットに関する個別規格: IEC 80601-2-78: 2019が発行されました。

本オンデマンドセミナー(レコーディング)では、『機能回復ロボットに関する個別規格:IEC 80601-2-78』の基礎安全及び基本性能の特定要求事項の概要について、弊社製品安全規格エンジニアよりご説明します。

 

◆お申込みはこちら◆

 

公開期間:2020年10月15日~2020年11月30日

講師:株式会社 UL Japan ライフ&ヘルス部

オペレーショングループ 製品安全チーム エンジニア: 折戸 順

内容:

・当該規格の適用範囲
・特有の用語・定義:
“Autonomy/自立性”、“Situation awareness/状況知覚”、”Shared control /共有制御” 等
・要求事項概要:
機能回復ロボットの仕様に特化したリスクマネジメントの採用等
※上記の内容は、本オンラインセミナー放送時の2020年5月21日時点の情報となります。

本セミナーは参加費無料です。

  • オンデマンド形式のため、期間中であれば何度でもご覧いただけます。
  • 本セミナーの受講受付けは、企業様のアドレスでのお申込みに限らせていただきます。
  • 本コンテンツの知的所有権はULにあります。無断での転用配布・放送は禁止されています。
  • 同業者様によるお申込みはお断りさせて頂きます。
  • 本コンテンツは一般的な情報を提供するもので、法的並びに専門的助言を与えることを意図したものではありません。