通常のULの申請は試験サンプルをUL試験所へ送付して行われますが、お客様の試験サイトを使用し、UL エンジニアの立会いのもとで試験を行うことができます。また、ULへの申請回数が多いお客様に対してはCTDP(クライアント・テストデータ・プログラム)に参加することにより、お客様が行った試験データをULが活用することもできます。これによりULの製品評価プロセスの理解が高められ、試験時間を削減することが可能となります。ULではこのようなサービスをデータ・アクセプタンス・プログラムといいますが、お客様の必要レベルに合わせていくつかのプログラムをご用意しております。これらのプログラムに参加するためには、少なくとも適切な試験施設と試験装置が必要になります。

データ・アクセプタンス・プログラムに関する最新情報はこちらでご確認ください (英語)

主に下記のものがあります。

  • WTDP  (ウイットネス・テストデータ・プログラム)
  • CTDP  (クライアント・テストデータ・プログラム)
  • TCP  (トータル・サーティフィケーション・プログラム)

 

WTDP (ウイットネス・テストデータ・プログラム)

ULエンジニアはお客様の試験サイトへ出張し、製品試験の立会いおよび監督を行います。
製品の構造評価を実施する場合もあります。ここで記録された試験データは、通常のUL試験所で行う試験データと同等に扱われます。
ULエンジニアは試験施設および試験装置が適切であるかどうか審査し、選択した製品サンプル、試験手順、試験データが適切であり、かつ正確に記録されていることを確認します。また、ULエンジニアはこれらのことが正しくおこなわれるように、事前あるいは立会い中にアドバイスをいたします。

WTDPが行われる代表的な例

  • 特殊あるいは大型装置を試験する場合。 大型装置などをUL Japanに輸送する手間が省略できます。
  • 製品が特殊であるため、UL試験所に試験設備がなく、お客様の設備をお借りしながら試験・評価を進める場合。
  • 製品破壊試験を必要とする場合、サンプルの修理作業をお客様のサイトで行いながら試験を進める場合。
    これにより、修理作業を迅速に進めることができ、試験作業時間の短縮につながります。
  • お客様の製品開発試験とULの試験を同時に行う場合。
  • ULの製品試験プログラムに興味があり、将来的にCTDP(クライアント・テストデータ・プログラム)あるいは他のULプログラムにステップアップするための準備段階としている場合。

事前に準備していただくもの

  1. 試験設備の準備
    測定機器は国家あるいは国際規格にトレーサビリティがとれている標準器を用いて校正されているものを使用します。ULエンジニアはお客様で準備された試験設備が適当であるか審査を行いますが、原則としてUL試験所の試験設備と同等のものが必要になります。また、それぞれの測定器の校正証明書をご準備いただきます。
  2. 適切な試験環境
    試験現場には試験を行うための適切な電源供給、照明、温度/湿度管理などがあり、試験中はこれらを監視し、必要に応じて調節できるものが必要になります。
  3. 試験員の資格
    ULエンジニアの監督下で実際に試験を行う試験員は、試験を行うための技術的な知識と経験を持ち、必要な教育/トレーニングを受けている必要があります。

その他

立会い試験にはULエンジニアの移動時間、交通費などの諸経費が追加としてかかりますが、お客様にとっては試験サンプルの移動にかかる費用が削減でき、また、ULエンジニアに直接質問やコメントをすることができますので、より効率的な評価作業を進められます。また、お客様による試験のセットアップ、その製品に詳しい修理作業者や複数のサンプルの準備など試験に費やす時間を削減することも可能になります。

詳細につきましては、カスタマーサービスまでお問い合わせください。

このプログラムでは、ULエンジニアはお客様が実際に行う試験に立会いません。ULエンジニアはお客様から提出されたサンプル製品と試験データを検証し、適合性確認のために必要であると判断される試験をUL試験所またはお客様の試験所で行います。これらのデータを基にULエンジニアは報告書とFUSプロシージャを作成します。このプログラムに参加するとお客様は自社の試験スケジュールに従って業務が進められる利点があります。

このプログラムを始めるに当たり、ULのスタッフは事前にお客様の試験施設に伺い、試験業務の品質管理プログラム、試験設備、試験員の能力、試験手順書を確認し、このプログラムの必要事項に適合しているかどうか審査します。

プログラムが一旦構築されると、お客様はアセスメント時に試験方法の確認が要求されることになります。この確認は、それぞれの試験項目について最低年一回実施される必要があります。ULのスタッフは定期的にお客様の試験施設を訪れ、品質システムがこのプログラムに継続的に適合しているかどうかを審査します。

プログラムの利点

WTDPと同様な利点がありますが、CTDPではお客様の製品開発試験スケジュールに合わせて安全評価試験を進めることができます。これにより、お客様は実際にULが製品検査を進める前の設計段階で問題点を発見できます。また、ULに提出する製品のサンプル数とそれにかかる運送費を削減できます。

プログラムに参加するために必要となる条件(以下の内容すべてを有していること)

  • 試験(室)業務に関する品質管理プログラム ISO/IEC17025に準ずる下記項目 ・ サービス及び購入品の購買 ・ 不適合の試験の管理 ・ 要員 ・ 施設及び環境条件 ・
    試験方法及び方法の妥当性確認 ・ 設備 ・ 測定のトレーサビリティ(校正) ・ 試験品の取り扱い(試験品の表示)
  • 適切な試験施設と設備 (WTDPと同様)
  • 資格のある試験員 (WTDPと同様)
  • 適切な試験手順書

その他

このプログラムでは、初回審査と定期的審査(年1回)の費用と各申請ごとの費用がかかります。 このプログラムに参加する場合は、カスタマーサービスまでご連絡の上、ULエンジニアとこのプログラムでカバーされる範囲をご検討ください。通常の適用範囲はプロダクトカテゴリーごとに決定されますが、そのカテゴリーの特定部分に対してだけ(特定試験のみ)でも可能です。

多数のお客様はWTDPプログラムを暫く経験された後、CTDPの参加をご希望されております。

TCP(トータル・サーティフィケーション・プログラム)は最上級のプログラムです。お客様はULのTCP担当エンジニアと密接に業務を進め、新製品の評価報告書を含めた必要書類をULに発送することでULマークを使用することができます。

これによりお客様はULマークの使用許可までにかかる一連の認証業務時間をさらに短縮でき、短期間で製品設計/改造と生産に取り組むことができます。

このプログラムでは、お客様がCTDPに従って試験を進め、その試験データをULに提出するだけでなく、製品の構造確認やUL報告書/FUSプロシージャ作成を行います。また、CTDPで必要となる資格の他に、UL調査や報告書作成手順を遵守する製品品質保証プログラムを構築し、特別なTCPフォローアッププログラムに適合する必要があります。お客様の品質保証システムは、製品安全を維持するための製品の設計、生産、検査を管理していなければなりません。

プログラムの特徴

TCPが構築されるとULのTCP担当エンジニアが決定され、お客様と密接に連絡をとり、新製品あるいは変更申請の評価作業を行います。お客様はTCP担当エンジニアの検証用として製品ごとに必要書類を提出します。この書類には報告書、試験データ、適合と判定した根拠などが含まれ、お客様はこれらの書類をULに提出することにより、短期にULマーク認証を取得することが出来ます。

プログラムに参加するための必要条件

  • お客様は以前からCTDPに参加しており、ULの調査、報告書作成作業を熟知している
  • CTDPプログラムでの必要条件をすべて満たしている。
  • ISO9001の審査登録がされている。
  • フォローアップ検査において重欠点が発見されていない。

詳細につきましては、カスタマーサービスまでお問い合わせください。

はい。参考和訳版をご用意しています。 下記をご覧ください。

下記の日本語和訳版は、参考訳です。更新のタイミングによっては最新情報でない場合もあります。原文と差異のある場合は、原文を優先ください。

最新情報はこちらでご確認ください (英語)

原文(英語) 文書番号 参考和訳 版番号

Appeals Process

00-OP-C0042

上訴手順

3.0

Data Recording, Reporting And Related Req uirements

00-OP-C0025

データ記録、報告、および関連する要求事項

10.0

Calibration Certificate Analysis

00-OP-C0032

校正証明書の分析

5.0

CTDP Implementation Guide for DAP Clients

00-OP-C0043

CTDP 導入ガイド

4.0

Laboratory Consumables

00-OP-C0033

試験所消耗品

3.0

Equipment Accuracy / Selection

00-OP-C0034

機器の精度/選択

5.0

Equipment Calibration Intervals

00-OP-C0045

機器の校正周期

3.0

Laboratory - Power Quality

00-OP-C0036

試験所 - 電力品質

9.0

Equipment - Acceptance of Thermocouple wire

00-OP-C0037

機器 - 熱電対線の容認性

7.0

Equipment - In-house Calibration Requirements

00-OP-C0038

機器 - 社内校正要求事項

4.1

Environment - Laboratory Ambient Conditions

00-OP-C0035

環境 - 試験所環境条件

3.0