2018年6月8日
UL JapanRE Certificateの有効期限について
UL Japanでは、整合規格の遅れを鑑み、Certificateの有効期限を3年としてきました。しかしこの有効期限は、大きな技術的変化がない場合となります。RE指令 Annex Ⅲ適合性評価において、NBは最新技術の変更を認識し、適切な通知を行うことが義務づけられています。この変化に関して有効性を確認することは製造者の義務ですが、有効期限内であったとしても最先端と見做せない適合性に関しては市場監査当局の指摘が発生する場合があります。従って、対応する整合規格が更新された場合は、その規格への適合性を確認することが望まれます。

 

June 8, 2018
Notice of UL Japan’s RE certificate expiration date
In view of the delay in the harmonized standards, we had set the expiration date of certificate to 3 years.  However, this expiration date will be effective in case without significant technical change. NB is obliged to recognize the change of the latest technology and make appropriate notice in accordance with the conformity assessment of RE Directive Annex III. Regarding this change, although it is the obligation of the manufacturer to confirm its effectiveness, the market surveillance authorities may point out the compatibility that cannot be considered as state-of-the-art even if it is within the expiration date. Therefore, if the corresponding harmonized standards or applicable draft standards are updated, we advise you to confirm the compliance with the standards.


2018年4月13日
2018年1月22日に放送受信機要求であるEN 303 345 が破棄されましたが、2018年4月13日にEN 303 345-2 V0.0.3として動き出したことにより、以下の形態に分類されることが明確になりました。

この理由は、AM以外(FM、DAB等)は問題なしと見做されているため、これ以上それら規格の整合化を遅らせることなく進行させるためであり、AM以外の要求事項が変わるわけではありません。

従って、今後AMに関しては状況を確認していく必要はありますが、現在のEN 303 345 V1.1.7(V1.1.1)によるNB検証の結果はこれら規格が整合されるまで引き続き有効です。

EN 303 345-1 Ver. 0.0.5  Broadcast Sound Receivers
EN 303 345-2 Ver. 0.0.3  HS AM broadcast sound receivers
EN 303 345-3 Ver. 0.0.3  HS FM broadcast sound receivers
EN 303 345-4 Ver. 0.0.6  HS DAB broadcast sound receivers
EN 303 345-5 Ver. 0.0.6  HS DRM broadcast sound receivers

 

April 13, 2018
EN 303 345 V1.1.7, Broadcast Sound Receivers; Harmonized Standard covering the essential requirements of article 3.2 of Directive 2014/53/EU was repealed on January 22, 2018. However, this was now clarified by the implementation of the EN 303 345 series as shown below on April 13, 2018. The reason for this is that it is deemed that there is no problem other than AM (FM, DAB etc), so it is to proceed without delaying the harmonized of these standards. We can deem now the  requirements other than AM do not change. Therefore, although it is necessary to confirm the situation in the future for AM receiver requirements, the results of NB verification according to the current EN 303 345 V 1.1.7 (V 1.1.1) will continue to be valid until these standards are harmonized.

EN 303 345-1 Ver. 0.0.5  Broadcast Sound Receivers
EN 303 345-2 Ver. 0.0.3  HS AM broadcast sound receivers
EN 303 345-3 Ver. 0.0.3  HS FM broadcast sound receivers
EN 303 345-4 Ver. 0.0.6  HS DAB broadcast sound receivers
EN 303 345-5 Ver. 0.0.6  HS DRM broadcast sound receivers

 


2017年6月13日
掲載規格以外にも適合証明書を発行させていただくことが可能ですので、お問合せください。
UL Japanが認められているのは次のカテゴリです。規格がこの分類に含まれると判断される場合は対応が可能です。

1.受信機等
. 例:TV、ラジオ、GPS、GLONASS
2.ショートレンジデバイス(SRD)
. 例:キーレス、イモビライザー、TPMS、RFID、NFC、ミリ波レーダー
3.ワイドバンド送信システム
. 例:Bluetooth、2.4GHz帯無線LAN、Zigbee
4.携帯電話端末
. 例:LTE、GSM、WCDMA
5.ワイヤレスマイク
6.無線LAN
. 例:5GHz帯無線LAN

※ 上記以外のカテゴリーの場合は、UL Inc.としてCertificateが発行可能な場合がありますのでご相談ください。
※ 整合規格以外を用いる場合は、RED CA(http://www.redca.eu/) に基づく判断を参照し、整合前のDraft規格の採用をすることがあります。
※ 認定規格の引用規格及び認定カテゴリーにおける整合規格の使用は、検証者の能力に基づきご対応します。
※ 人体曝露に関しては以下に基づきます。また、TGN20を参照します。

  • EN 62479(EN 50371に該当していた低出力機器とする)に関しての注記
    EN 62479については、CISPR 11、CISPR 22、FCC Part 15 Subpart B 及びSubpart Cに基づく評価も行います。
  • EN 62311に関しての注記
    EN 62311については、適切な無線規格に基づき、人体からの隔離距離により判断します。
    また、上記EMC規格を適用する場合もあります。ただし、これらは、EN 62311 7.2項 図1から適合性を判断するものとします。