5_qi_logo-jpn

サービス内容

非接触電力伝送方式(Qi マーク)に適用される認証の取得

スマートフォンを中心に普及が進んでいる無線給電。その主要規格である「Qi(チー)」のロゴを製品に表示するためにはWPCによるQi認証が必須です。WPC(Wireless Power Consortium)は相互接続確立を目的とする電磁誘導方式を主体とした非接触電力伝送方式の標準化団体です。

最新の Qi 規格V 1.2 では既存の5W 向けBPP*1) に、最大 15W までのワイヤレス給電が可能なEPP*2)が追加されました。UL Japanは、2012年11月、WPCに基づいたQiマーク認証取得のための認定試験所として認めらており、BPPとEPPともに対応が可能です。

*1) BPP: Baseline Power Profile 最大5Wまでの給電に対応
*2) EPP: Extended Power Profile 最大15Wまでの給電に対応

 

Qi マーク認証サービス

Qiマーク取得のためには、認定試験所の関与が必要になります。
UL Japanは日本で唯一のQi認定試験所として、WPCに基づいたQiマークの「認証試験」及び「認証サービス」を提供致します。

 

認証取得のフロー

5_qi_flow-jpn

またQi対応の製品は各国電波法の対応が必要となることがございます。弊社では、該当製品の各国電波法取得もあわせて、試験から申請までOne stopでのトータルサポートが可能です。

試験所のご案内

5_qi_test-jpn UL Japanでは、三重県伊勢市本社EMC試験所において、最新の認定された試験設備、nok9製を導入し、Qi試験業務を開始しています。

 

 

 

 

 

 

UL Japan、日本初Qi EPP: Extended Power Profile (5~15W)への対応を開始

https://connect.ul.com/japan.qi.certification.html
更なる普及が期待されるQi製品に対し、国内唯一の認定試験所として市場ニーズへ応えるべくQi EPP: Extended Power Profile (5~15W)への認証サービスを開始する運びとなりました。このサービス拡充により、以前から行っていた5Wの認証サービスに加え、最大15Wまでの対応が可能となります。


PDF版  Qiマーク認証サービスのご案内