.

電波法申請代行業務

.
UL Japanでは、世界各国の無線機器を出荷する際に必ず必要となる、電波法認可の取得代行を行っております。 北米や欧州などの先進国への申請はもちろんの事、あまり情報が公開されていない国々への申請もカバーしております。
.

電波法認可申請実績国例

.

アジア

    • 日本、中国、韓国、香港、台湾、インド、インドネシア、シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア

北 米

    • アメリカ、カナダ

中南米

    • アルゼンチン、アンティグア、グレナダ、ジャマイカ、セントキッツ、セントルシア、セントビンセント、チリ、トリニダード・トバコ、ニカラグア、バミューダ、バルバドス、バハマ、ブラジル、ベネズエラ、ペルー、メキシコ

欧 州

    • EU/EFTA諸国、(仏領、西領)、クロアチア、ジブラルタル、トルコ、ボスニアヘルツェゴビナ、マケドニア、モンテネグロ、ロシア、ウクライナ

オセアニア・太平洋

    • オーストラリア、ニュージーランド、ニューカレドニア

中 東

    • アラブ首長国連邦、イエメン、イスラエル、オマーン、カタール、クウェート、サウジアラビア、バーレーン、ヨルダン

アフリカ

    • エジプト、モロッコ、南アフリカ
  *上記以外の国および各国の規制情報につきましては、別途お問合せください。

.

ULのTCB認証サービス

 .
TCB(Telecommunications Certification Bodies)とはアメリカにおいて通信法を管轄するFCCに代わって通信機器の適合性認可を発行する指定証明機関です。従来のFCCへの直接申請に比べ、TCBへ申請することにより認可が60日から約1~2週間へと大きく短縮されます。
.
ULはTCBとしてFCCより指定されており、測定からFCC認可取得まで、安く、短期間でフルサポートいたします。 認可証発行費用については、お問合せ下さい。
注) 認可証は UL Verification Services Inc. (Fremont) が発行いたします。
※なお、1GHz以下の周波数で運用する小電力送信機及び緊急警報システム/1GHzを超える周波数で運用する小電力送信機(スペクトル拡散装置を除く) /免許不要全米情報基盤(UNII)装置及びスペクトル拡散技術を使用する小電力送信機に関してはUL Japanにて認可が可能です!
.
⇒ 詳細は、UL Japan TCB認証サービスのページ をご覧下さい。
.

ULのTCB申請代行サービス  

(ISO/IEC 17065:2012 3.2項に定義されたコンサルタントに該当しない業務)
.
申請サポートサービス
FCC申請経験をお持ちのお客様への申請のサポートを行います。 お客様より完成した申請資料一式を電子ファイルにて受領し、UL Japanにて不足資料や内容に誤りがないか事前検証を行います。
資料作成サービス
申請に必要な申請書類の作成をサポートします。

  • 必要書類の作成
  • 技術資料の検証
  • ラベル/マニュアル要求事項についての情報提供
※ TCB以外のFCC申請も行います
.

.

TCBサービスのお問合せ先
コンシューマーテクノロジー事業部
E-Mail : emc.jp@ul.com
.