RE指令適合性証明業務

RE指令が適用される電気・電子機器を製造する事業者は、RE指令に基づき、Notified Bodyによる適合性評価を受けることが可能です。

UL Japanは、通信端末機器及び無線機器に関する欧州の関係法令(R&TTE指令)に基づく適合性評価を行う機関(CAB=Conformity Assessment Body、即ちNotified Body)として総務省より認定されました。これを受け、2006年3月に、日欧合同委員会はUL Japanの登録を行い、2016年12月に新たにRE指令のCABとして更新されました。この決定により、弊社が実施するRE指令に基づく適合性評価の結果が欧州共同体加盟各国で受け入れられることになります。RE指令Annex Ⅲで規定されている適合性評価手続きに基づき、製品の適合性評価を行い、その証明書(Certificate)を発行いたします。

5_ce1731-jpn

欧州委員会の掲載WEB
⇒ http://ec.europa.eu/growth/tools-databases/nando/index.cfm?fuseaction=notifiedbody.notifiedbody&refe_cd=NANDO_INPUT_103381&version_no=2 (言語:英語)

Notified Body
製品の適合性を判断する権限を国により与えられた第三者機関のことで、技術的能力を有し適合性証明書を発行します。指令の要求によってはNBの関与が必要な場合もあります。

適合性証明対応機器および規格

下記、RE指令適合証明書お取引きの手引きをご参照下さい。

■ NB検証についての公表事項 

RE指令適合証明書お取引きの手引き(RE指令適合性評価業務フロー) / 料金表

* 申込みおよび各種届出後、お客様のご都合により取下げを行うときは取下げ手数料が発生いたしますのであらかじめご了承ください。
 

申込書 / Application Form

RE指令適合証明サービスは、こちらの申込書によりご依頼ください。

RE指令適合性証明業務の詳細につきましては、以下までお問合せください。

【お問合せ先】

コンシューマーテクノロジー事業部
E-Mail : emc.jp@ul.com